URLで呼ばれたメソッドの戻り値と画面への反映

URLとMappingされたメソッドのことなんて呼ぼう…と考えてたところ公式のドキュメントに”@RequestMapping handler methods”ってあったからこれを使用させて頂こうかなと思いつつこんばんは。

今回はハンドラメソッドの戻り値に何を指定するの?とあわよくば画面への反映まで書きたいなと考えています。1)だいたいの計画しかせず書いてます。

今までのサンプルは”HelloWorld”の文字列を返すことで”/WEB-INF/jsp/HelloWorld.jsp”が呼び出されるというシンプルなものでした。ハンドラメソッドはString以外に何を返すとどうなるの?それを書きます。 Continue reading “URLで呼ばれたメソッドの戻り値と画面への反映”

References   [ + ]

1. だいたいの計画しかせず書いてます。

SpringでRequestParamの受付

i18nについて書こうと思ったのですがまずこれをやらないと説明していないのを突然出すことに気づいて急遽こちらを作成。前回のサンプルをベースに説明を進めます。

/helloで受け付けるメソッドの実装を見てみます。

@Controller
public class HelloWorld {

	@RequestMapping("/hello")
	public String hello() {
		return "HelloWorld";
	}
}

うーん、シンプル。 Continue reading “SpringでRequestParamの受付”

SpringでシンプルなHello World

公式ドキュメントからの説明を示しつつHello Worldを書いていたのですが色々説明するところがあって書ききるのが遅くなりそうなのでほぼ説明無しでHello Worldの例を書くことにしました。
Web上で探せばたくさんあるからこれを書く意味あるかな?とも思いましたが自分用のメモも兼ねてますしあまり気にしないことにしました(笑)

以下で最小限にHello Worldします。
Continue reading “SpringでシンプルなHello World”

Spring MVCコトハジメ

お久しぶりですこんばんは。Springに関する記事はWeb上に沢山あるので今更感は半端ないですが「何していいかわからん!」「こういうので詰まった!」というのを記事にしようかと思った次第です。

とりあえず一発目はEclipseでProject作ってSpringを使ってものを作り始める状況まで。ここで言う作るものとはWebアプリケーションですです。 Continue reading “Spring MVCコトハジメ”

BlazeDS 4.7.1をビルドしてみる

おひさしぶりですこんばんは。
3か月ぶりの更新になったわけですが、今回はBlazeDSをソースからBuildしようと思います。

半月ほど前の8月半ばにBlazeDSの脆弱性(CVE-2015-3269)が報告されました。Adobe LiveCycle Data Servicesを使用している場合は公式サイトのPatchを取り込めばよいですが、そうでない場合はBuildするかMavenに登録されているJarを取り込むかのいずれかになります。
ただ、BlazeDSはOSSであり、現在はApacheで管理・運営されているのですが、他のApache系プロジェクトと比べると使用者にはあまりやさしい作りにはなっていません。
例えば、現時点(2015/09/04)では公式サイトでリリースしているのは4.7.0のみで対策版はMavenからのみだったり、MavenのものもJava 1.8が前提だったりします。

前々からBlazeDSの自前コンパイルに興味はあったのでこれを機会に簡単に纏めようと思います。
纏めるといってもやったことを淡々とコピペになりますけどね^_^;
やったことはREADMEに書いてある通りです。なわけで、この記事自体はおさらいです。

Continue reading “BlazeDS 4.7.1をビルドしてみる”