スタバ財布 サイズ編

DSC_0267_1少し前に『「スタバの紙袋でお財布を作ってみました」をやってみた』で日本のお札に対応したのを作成しましたが、今回は「ざっくりとしたサイズはこんなものですよ」っというものをお届けします。えぇ、今更ですが。

基本的に縦方向を長くす必要があります。どれぐらいかというと、だいたいこれぐらいです↓
DSC_0265_112614

わかりますか?ピンクの矢印が3つあって一番下にあるとこが縦に伸ばしたときのラインです。拡大するとこんな感じ。
DSC_0261

以前のサイズだとスタバのシンボルをぶった切る感じでしたが、今回はけっこう余裕を持たせています。むしろ縦幅が若干足りなくなるのではと心配になります。紙袋の底を綺麗にはがさないと切れてしまっている可能性もありますしね。

DSC_0266このサイズで作るとお札がはみ出ることもないし、カードを収納する部分もかなり余裕があるので見栄えもよいです。

あと、個人的な所とすると、前回のスタバを全面に出した感じよりもクリスマス仕様である今回の紙の方が好みです。前のは全面に出しすぎててきつい感じがありました。

ごさんこうまでに。では。

gitlab-ciでgravatarを無効にする

gitlab-ciの記事作成ついでにgravatarを無効にする方法を記載します。

/etc/gitlab/gitlab.rbに以下を追加してgitlab-ctl reconfigureを実行してください。

gitlab_ci['gravatar_enabled'] = false

これでgravatarを使わなくなります。ただし、gitlab-ciではavatarを変更する方法がない上に連携するgitlabのavatarを変更していても取り込んではくれません。もしかすると方法があるのかもしれませんが、現時点ではそこまで探す体力はなさそうです。

では。

gitlab-ciのGitLab Serverを変更する

突然ですがgitlab-ciでGitLab Serverを変更する話です。

112614_042241

最新のGitLabをOmnibus packageをDownloadしてInstallするとgitlab-ciというのもInstallされます。名前から連想できますがCIツールです。このCIツール、ログイン画面でGitLabサーバを選択するドロップダウンボックスがあるのですが、初期状態では「http://127.0.0.1:8080」のみしかありません。これでも使用できるのですが、ブラウザからアクセスできないURLを表示していることとログイン後画面で表示されるリンクもこのURLなので”GitLabとの連携”という点では少し弱い感じがします。

112614_043445

今回はこのドロップダウンボックスの内容を変更します。

Continue reading “gitlab-ciのGitLab Serverを変更する”