gitlab-ciでgravatarを無効にする

gitlab-ciの記事作成ついでにgravatarを無効にする方法を記載します。

/etc/gitlab/gitlab.rbに以下を追加してgitlab-ctl reconfigureを実行してください。

gitlab_ci['gravatar_enabled'] = false

これでgravatarを使わなくなります。ただし、gitlab-ciではavatarを変更する方法がない上に連携するgitlabのavatarを変更していても取り込んではくれません。もしかすると方法があるのかもしれませんが、現時点ではそこまで探す体力はなさそうです。

では。

GitLabでGravatarをOffにする

DefaultではユーザのAvatarはGravatarから取得している。Gravatarを使用したくないとか、そもそも外部にアクセスして欲しくない場合がある。少なくとも自分がそう。

GitLabのgitlab.rbでGravatarのOn/Offを制御できる。

gitlab_rails['gravatar_enabled'] = false

上記の設定をした後にreconfigureすればGravatarを使わずにGitLab内部でもっている標準のAvatar画像を表示する。

サブディレクトリの設定などしてまたreconfigureするのが面倒っ!って方は以下のファイル(/var/opt/gitlab/gitlab-rails/etc/gitlab.yml)にGravatarを使用する/しないの設定が掛れているので、こちらを直接編集→restartでも対応可能。

  gravatar:
    enabled: false            # Use user avatar image from Gravatar.com (default: true)
    # gravatar urls: possible placeholders: %{hash} %{size} %{email}
    plain_url:      # default: http://www.gravatar.com/avatar/%{hash}?s=%{size}&d=identicon
    ssl_url:       # default: https://secure.gravatar.com/avatar/%{hash}?s=%{size}&d=identicon

以下がそのAvatarアイコン。

Default Avatar Icon

では。