西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可

今年(2014)の11月からスタジオカラー(株式会社カラー)とドワンゴで「日本アニメ(ーター)見本市」なるものをWeb上で行っています。内容をざっと見感じ「アニメーター版ハッカソン」って感じですかね?今で7つの話が公開されていますがどれも様々な表現方法と演出で色々と楽しめます。

内容はテクだけでなくってストーリーもよいのがあるのですが、その中でも「西荻窪駅徒歩20分2LDK敷礼2ヶ月ペット不可」はよかったですね。
ゴキブリが走り回ったりと敬遠する人もいるかもしれませんが間違いなくおすすめです。特に落ちのシーンが。間違いなく「あっ…。」となって不思議な感情を残す。。。BGMだったり一連の流れにおける人物の行動や表情だったりがそうさせるのだろうけれど、落ちのところは何回でも見てしまうぐらいなんかぐっときました。
初見はもちろん初めから見た方がよいです。動画はだいたい9:30あるけれど、オープニングで1:30あるからだいたい8分の作品です。ストーリーだけでなく描写も躍動的ですごいよかったです。

宇多田ヒカル – Can’t Wait ‘Til Christmas

もう1曲。こちらは2010年のPEPSI NEX CMソングとでも歌われていた宇多田ヒカルの「Can’t Wait ‘Til Christmas」。いや、ほんと今更な感じですが、聞くとやっぱしいい曲だなぁと感じるんですよね。
歌詞だけではなくピアノとしっとりした声で胸をぎゅっとするように切なくさせる。

仕事中にこの曲とGoodbye Happinessの2曲をヘビーローテーションしてたんだけれど、その日1日は結局この2曲しか聞かなかった…ぐらい聞きあきないしおすすめですわ。

これもamazonやiTunesで視聴できるのでぜひ!アルバム「Utada Hikaru Single Collection Vol.2」にしか入っていなかったと思います。「他の曲持ってるしなぁ…」って場合はmp3単体ぐらいしかないですね。

PENTATONIX – Christmas Eve

クリスマスまであと10日切りましたがいかがお過ごしでしょうか。
紹介したい曲が幾つかあるのですが残り数日で紹介仕切れるか微妙なところです。このサイトでクリスマス!クリスマス!とやるのもなんか違いますしな。

いつもはYoutubeの動画で紹介していすのですが、紹介したい2曲が2曲ともYoutube(の公式アカウント)で紹介されていないのでAmazonで紹介。(ググったら出てくるとは思いますが。)

まずはこちらから。以前にも紹介したアカペラグループのPENTATONIX。
クリスマスソングにアカペラなんて鉄板な組み合わせな上に実力十分なので外れることはまずないと思います。
このJapanese Editionは20曲目に山下達郎のクリスマス・イヴのカバー入っているんでがこれがまたいい。amazonやiTunesで視聴できるんでよかったら聞いてみてください。ほんとよいです。
ただし、この曲だけ個別でmp3でダウンロード購入出来ないんですよね…。売る人は良く分かってらっしゃる。

20曲と多いのは今年リリースした「That’s Christmas To Me」に2012年(かな?)にリリースした「PTXmas (Deluxe Edition)」が入っているから。

ちなみにクリスマス・イヴのカバーを知ったのはラジオで流れていたからですね。チェックしといてよかった。

もう1曲紹介したかったのですが長くなったのでここらへんで。
では。

[Git]cherry-pick時の名前

師匠も走る師走。この業界は長いこと年の瀬が続いている気がします。

閑話休題。

つい最近、開発ブランチにある他人の修正をcherry-pickしたときに気付いたので話のネタ(?)的に投稿。

cherry-pick対象のコミットのauthorがそのまま新しいコミットのauthorになるって知っていました?
ブランチdevにあるAさんのコミットをBさんがブランチmasterでcherry-pickすると、masterにできるコミットのauthorはAさんになる。Bさんがcherry-pickしたのに。…これは…完全犯罪ができる!?

もちろん何もログが残っていないわけではなく、authorではなくcommitterとしてBさんの名前が入るし、cherry-pickだよって情報も入るそうな。

GitのviewerとしてSourceTreeを使ったりするんだけれど、ツリー上に表示する名前に自分の名前が入ってなくて驚いた次第です。他人のコミットをcherry-pickしたのは初めてだったので。

では。