All You Need Is Kill

今更間はあるのですが、All You Need Is Killを紹介してみようかなと。

今になってこれを紹介するのに理由はいくつかあるのですが、そんなのは後回しにしてまずは紹介しますよ、っと。

一番初めは小説として出版されたんですが、その後マンガ化されたりハリウッドで映画化されたりはご存知の通り。

小説の出版が2004年で漫画化/映画化が2014年と10年の歳月がっているわけですが、映画化までの件をみると映画化があるから漫画化もしたのかな?と推測していしまいます。

ストーリーはSF的ループ物で、これだけ書くと大よそのストーリーを推測できる人もいるかもしれません。が、話の流れやその結末までは予想できなく、展開にハラハラさせられるものがありました。

途中までですが漫画版はWeb上で読むことができます。ここ(となりのヤングジャンプ)とかここ(ニコニコ漫画)とか。

映画では主演トム・クルーズと有名どころを起用していますが、元がライトノベルだけにこれだけ大きくなるのかと驚いてしまいます。(私の知りうる小さな世界の中では、ライトノベルがハリウッドで映画化したのを他では知らないので…。)

映画の方も面白いですね。色々と批評もされていますが、オマージュ作品としてみればありと思います。最後はなんとなくハリウッド的にまとめました感があるのは否めないですが。
映画の方はAmazonのインスタントビデオからも見れるみたいなのでリンクを張っておきます→オール・ユー・ニード・イズ・キル(字幕版)

小説版、漫画版、映画版とありますが個人的には小説版や漫画版がお勧めですね。主人公の変貌ぶり等々は必見なのですが、映画版では色濃く出ていないのですよ。

そんなこんなでAll You Need Is Killを紹介したのですが、今更になってこれを紹介したのには理由が2つあるのですよ。

1つは原作の小説を漫画化したものが面白く、小説版を読んでもやっぱり面白かったのでいつか紹介したいな、と。
もう1つは、どうせ紹介するならアフィリエイト的なものでと思っていたのですが、つい最近アカウントを取得したのでその流れで書いてみました。このサイトのVisitor数とかから考えれば期待はしていないのですが(笑)経験やネタといった何かの糧にはなるかなと思っています。

アフィ嫌いな方もいるとは思いますが、ご愛嬌ということで宜しくお願いします。

では。