GitLabでGravatarをOffにする

DefaultではユーザのAvatarはGravatarから取得している。Gravatarを使用したくないとか、そもそも外部にアクセスして欲しくない場合がある。少なくとも自分がそう。

GitLabのgitlab.rbでGravatarのOn/Offを制御できる。

gitlab_rails['gravatar_enabled'] = false

上記の設定をした後にreconfigureすればGravatarを使わずにGitLab内部でもっている標準のAvatar画像を表示する。

サブディレクトリの設定などしてまたreconfigureするのが面倒っ!って方は以下のファイル(/var/opt/gitlab/gitlab-rails/etc/gitlab.yml)にGravatarを使用する/しないの設定が掛れているので、こちらを直接編集→restartでも対応可能。

  gravatar:
    enabled: false            # Use user avatar image from Gravatar.com (default: true)
    # gravatar urls: possible placeholders: %{hash} %{size} %{email}
    plain_url:      # default: http://www.gravatar.com/avatar/%{hash}?s=%{size}&d=identicon
    ssl_url:       # default: https://secure.gravatar.com/avatar/%{hash}?s=%{size}&d=identicon

以下がそのAvatarアイコン。

Default Avatar Icon

では。

GitLab+SSL+Apacheのインストールから設定まで

2014/08/28追記:最新版はこちら⇒GitLab+SSL+Apacheのインストールから設定まで(update 1)

 

2014/08/26 追記:大幅に更新しました。ReverseProxy先にhttpsを指定する旨みがないからhttpsをやめた、など。

自宅環境だとあんまりありがたみはないのだけれど、他の環境で構築するとき等々のためにノウハウだけでも溜め込んどこうかと思い立ったわけですよ。環境はCentOS6.5 64bit。今日CentOSのサイトに行ってみると7.0が出ていて、試しで入れてみたけれどマシンスペックが悪いのか安定しなかったので7.0では断念。
では、さっそく。

Continue reading “GitLab+SSL+Apacheのインストールから設定まで”